音痴改善

スポンサードリンク

音痴改善する必要はない!?自覚しているかいないかで大きな差

 

はじめに

 

このサイトは

  • 自分が音痴でなんとか改善したい!
  • カラオケに行くのが嫌だ!苦痛でたまらない。音痴な歌を聞かれるのが恥ずかしい!
  • どうやったら音痴って良くなるの?直るの?

 

などの自分の歌が音痴だと思っている方のために向けて作りました。
音痴を改善するためにできることをお伝えしていきます。

 

 

ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。

 

 

 

「私は音痴だから、うまく歌えないの」

 

 

こんなことを言う人は、本当は音痴ではありません。

 

音痴とは、音程やリズムがうまく取れない人のことで、
自分では譜面通りに歌っているつもりでも、周囲の人が聞くと、まるで違う歌になっているのです。

 

 

 

ですから、自分で音痴であると自覚している人は、つまり、
自分の出している声が正しい音程ではないとわかっているわけで、
声の出し方を練習すれば、簡単に歌う能力を改善することができます。

 

そのような人は、「自称音痴」であると言っても、間違いではないでしょう。

 

 

 

では、「自称音痴」を改善するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

それは、「ドレミファソラシド」の音階をよく練習することです。
できればピアノを弾きながら、ピアノの音と同じ声が出せるように、調整していきます。

 

 

最近はスマートフォンやタブレットのアプリでも、
ピアノなどの演奏ができるものがありますから、そのようなアプリを活用しても良いでしょう。

 

 

 

「ドレミファソラシド」を繰り返すだけではつまらないので、
「ドミソド」や「レファラ」など、適当にアレンジしながら、
音を正確に取る練習を重ねましょう。

 

 

 

最初はうまくできなくて落ち込むかもしれませんが、練習を続ければ、必ず改善します。

 

ピアノを弾ける人だって、最初は楽譜を見ながら片手ずつゆっくりと練習して、
少しずつそれをつなげて曲を弾けるようになるのです。

 

歌だって、同じことです。

 

 

 

自分でできる音痴改善の方法として正しいのは次の内どれでしょうか?
  1. ボーカルスクールに通う
  2. 腹筋を鍛えて、お腹から声を出してみる
  3. プロのトレーナーからプライベートレッスンを受ける
  4. 一人カラオケでひたすら練習する
  5. お風呂で自分の声を聞いて歌ってみる
  6. ボイストレーニングのDVDを見る

>>正解はこちら





スポンサードリンク